鯰に瓢箪図 目貫 - M005

レビューはまだありません。 | レビューを書く
選択されたオプションは注文できません。リセットされました。
受注生産品 | 製作期間: 約前後
本日のご注文の場合、以内の発送予定です。
在庫有り (2営業日以内発送)
本日のご注文の場合、以内の発送予定です。
在庫状況 頃の入荷予定
納期未定のため、注文を一時休止とさせていただいております。 頃、再販予定です。
廃盤商品のため、注文不可
完売
translation missing: ja.product.too_much_item_cart_or_selected
¥4,400
サイト内は全て税込価格です。
買い物かごに追加するには、
全てのオプションをご選択下さい。
ご注文数量が在庫数を超えています。

商品詳細・サイズ表

  • 鯰に瓢箪図 目貫 - M005

    この日本製の目貫は、鯰と瓢箪をテーマにしています。 日本の神話では、鯰あるいは大鯰は地震の主要な原因とされています。大鯰は、日本の地中の泥の中に住んでおり、鹿島の神様が要石でそれを押さえつけていると言われます。 この伝説は、魚、特に鯰が地震に先行する微小な振動を察知できるという俗説に端を発したものかもしれません。 鯰は日本美術、特に浮世絵で大変人気のある題材であり、ポップカルチャーや音楽、ビデオゲーム(ゼルダ、聖剣伝説、ファイナルファンタジーなど)にもよく登場します。 日本の文献における瓢箪の最初の記述は、『日本紀』に見られます。瓢箪は、その子宮のような形と種を内包していることから、しばしば女性性の象徴と見られるほか、豊かさと幸運の象徴でもあります。
    瓢箪が、あまり家紋として使われなかったのは、酒を入れて運ぶ道具として使われていたからですが、豊臣秀吉が馬印として瓢箪の意匠を使い始め、戦に勝つたびに瓢箪の数を増やしていったとも言われています。侍文化において、瓢箪が勝利の象徴となったのは、秀吉からです。

    • 材質&仕上げ:合金製 銅鍍金イブシに金鍍金
    • 寸法:
      表:14.5 mm x 35.5 mm x 4.5 mm
      裏:13 mm x 36 mm x 4.5 mm

合計金額:
商品・加工サービスオプションをご選択下さい。
買い物かごに追加するには、全てご入力下さい。

適用加工サービス

鯰に瓢箪図 目貫 - M005: ¥4,400

アクセサリー

受注生産品 | 製作期間: 約前後 | 返品・交換不可
本日のご注文の場合、以内の発送予定です。
在庫有り (2営業日以内発送)
本日のご注文の場合、以内の発送予定です。
在庫状況 頃の入荷予定
納期未定のため、注文を一時休止とさせていただいております。 頃、再販予定です。
廃盤商品のため、注文不可
完売
メールマガジン登録

月1回発信予定。お客様情報は第三者に開示することはございません。