最新の記事 & セール

  • 堀之内登製作所 製造終了のご案内 | この度、宮崎県都城市に現存する4つの木刀工房のひとつである堀之内登製作所が、2019年9月末日をもって製造を終了することとなりました。 続きを読む
  • 2019年 お盆期間中のご注文についてのご案内 | お盆期間中も星道オンラインショップからのご注文は可能です。なお、各工房は夏季休業中に伴い、特注商品のご注文は、通常納期から1週間ほど多く時間を頂戴致します。何卒ご理解・ご了承頂けますようお願い申し上げます。
  • WEB限定サービス変更のご案内 | ¥15,000以上のご注文は星道手拭いをプレゼント、¥20,000以上のご注文は送料無料、¥25,000以上のご注文は送料+代引き手数料無料

居合刀の選び方

居合刀のモデル・サイズ・オプションの選び方について

道着や袴、帯とは異なり、居合刀は低品質の素材を用いた安価な居合刀を使用することは大変危なく、場合によっては大事故につながる危険もございます。星道の取り扱う居合刀は、日本の伝統ある刀工房で熟練の職人によって製作されている高品質かつ安全な居合刀です。

日本では、銃刀法により銃や刀剣等の武器の所持が禁止されており、「美術品」として認められた登録証が発行された刀のみ、所持が認められています。武器としての機能を有する、つまり、本当に切れる刀を「真剣」と呼び、現代日本においては、美術品として、或いは居合い練習用として使用されるのが主な用途になります。 一方で、その「真剣」を模したものとして「模造刀」「居合刀」があります。(定義は曖昧ですが、当店では、鑑賞目的のものを「模造刀」、居合稽古の使用用途のものを「居合刀」と呼び分けております。)安全性を重視しており、刃が付かないアルミニウム合金を使用しているのが特徴で、登録の必要なく所持することが可能です。居合道では、4,5段以上から真剣を使用することが多くなりますが、一般的な居合道の稽古では主に居合刀を使用します。

居合刀を選ぶ上で、大切なポイントは、居合道の稽古で使用するのか、他の武道の方が違う使用するのかなど、どのような目的でどのくらいの頻度、その居合刀を使用するかということです。

入門者や初級者、また、使用頻度が少ない武道家には、ありながら安心の品質でありながら比較的、手頃な価格帯の「特製居合刀」や「時代拵」が最適です。中級者や上級者には、より上質な仕上げのモデルが最適です。また、熟練の高段者には、「本拵」のような重量刀身モデルを好まれる傾向があります。切先に重心がある重量刀身は、扱いが難しく、中級者以上にお勧めです。

このページは、居合刀オプション全般のご案内をしております。各居合刀モデルに対応するオプション詳細は、各居合刀の商品ページをご参照ください。

居合刀の重量は、刃渡り・柄の長さ・刀装具オプションによって異なります。

最適な刃渡りの算出方法

刀身の切っ先先端から刃の棟と茎の棟の境にある棟区(むねまち)までの直線距離を刃渡りといいます。刃渡りには、ハバキは含まず(写真参照)、尺・寸・分の単位で表されます。1尺の長さは約303 mm、1寸は1尺の1/10で30.3 mm、1分は1寸の1/10で約3 mmです。

最適な刃渡りは身長から算出することが多いですが、流派や道場によって基準となる長さが異なる場合がございます。女性、そして合気道家が自主稽古の一環で使用するような場合などは、抜刀のしやすさを考慮し、同身長の男性の推奨する長さよりも0.5尺短めの刀身を使用することを推奨しています。最適な刃渡りについては、必ず、ご購入前に師範の先生や先輩方にご確認ください。下記の刃渡りの規格は、日本居合道連盟の基準です。(柄の長さは、バランスを考慮し、当店の推奨している長さとなります。)

下記の表では、鍔と目貫の平均重量を考慮の上、重量を算出しています。

刃渡り・柄の長さ・重量


居合刀の推奨サイズ & 重量 一覧表
身長
(男性/女性)
最適な刃渡り 最適な柄の長さ 軽量刀身
重量
標準刀身
重量
重量刀身
重量
150 cm ~ 155 cm 2尺2寸(66.6 cm) 7寸5分 ~ 8寸(22.7 ~ 24.3 cm) ~700 g ~780 g ~900 g
155 cm ~ 160 cm 2尺2寸5分(68.2 cm) 7寸5分 ~ 8寸(22.7 ~ 24.3 cm) ~710 g ~790 g ~915 g
160 cm ~ 165 cm 2尺3寸(69.6 cm) 8寸 ~ 8寸5分(24.3 ~ 25.6 cm) ~720 g ~800 g ~930 g
165 cm ~ 170 cm 2尺3寸5分(71.2 cm) 8寸 ~ 8寸5分(24.3 ~ 25.6 cm) ~730 g ~810 g ~945 g
170 cm ~ 175 cm 2尺4寸(72.7 cm) 8寸5分 ~ 9寸(25.6 ~ 27.3 cm) ~740 g ~820 g ~960 g
175 cm ~ 180 cm 2尺4寸5分(74.2 cm) 8寸5分 ~ 9寸(25.6 ~ 27.3 cm) ~750 g ~830 g ~975 g
180 cm ~ 185 cm 2尺5寸(75.8 cm) 9寸 ~ 9寸5分(27.3 ~ 28.8 cm) NA ~845 g ~990 g
185 cm ~ 190 cm 2尺5寸5分(77.3 cm) 9寸 ~ 9寸5分(27.3 ~ 28.8 cm) NA ~860 g ~1010 g
190 cm ~ 195 cm 2尺6寸(78.8 cm) 9寸5分 ~ 10寸(28.8 ~ 30.3 cm) NA NA ~1030 g
195 cm ~ 2尺7寸(81.8 cm) 9寸5分 ~ 10寸(28.8 ~ 30.3 cm) NA NA ~1050 g

標準刀身は、2尺5寸5分まで製作可能です。
重量刀身は、2尺7寸まで製作可能です。

その他、オプション詳細

「開く」のボタンをクリックしてご覧ください。

刃文


刃文は審美的な要素が強く、居合刀の使用には影響がありません。
真剣では、焼き入れ(熱した刀身を一気に水槽の中に入れて冷却する)前に行う、粘土や砥石の粉を混合した「焼き刃土」という土を盛る「土置き」の工程で、刃文が出る刃側には薄く、棟側には厚く土を盛って焼き入れを行います。土で刀身に加わる熱量を調整することで、刀の表面に「マルテンサイト」と呼ばれる鋼鉄が表出し、刃文が作り出されます。

代表的な刃文には、まっすぐに刃が入る「直刃(すぐは)」や波打って見える「乱れ刃」、波の間隔がゆったりしている「湾れ(のたれ)」、波が規則正しく繰り返す「互の目(ぐのめ)」などがあります。その他、昔の名刀や名人の作に似せた「写し」の刃文の多くは、刀工や武将の名前から名づけられ、価格も様々です。

樋彫り


刀身の鎬地に彫られた溝のことを、樋や棒樋といいます。 樋があることによって、刀身の強度を落とさずに軽量化することができ、樋鳴り(刀を振った時の風切り音)がします。また、樋は俗に「血流し」とも呼ばれ、切ったときに付着した血を溝を伝って流す役割も果たしています。

美濃坂製:「通常樋」と「樋無し」から選択できます。

ハバキ & 切羽


ハバキは、刀身の根本、刀身と鍔の間に嵌める金具です。刀身が鞘の中かでぐらつかないように支え、また刀が鞘から抜け落ちないように固定する機能があります。「真鍮」「金メッキ」「銀メッキ」の3つの材質(仕上げ)から選択でき、「無地」の他、「庄内」「祐乗」の3種のデザインから選択可能です。
また、真剣に合わせてひとつひとつ白金師が製作する真剣ハバキと異なり、居合刀ハバキは規格品のため、刀身からハバキを無理に取り外したり、交換したりすることは推奨していません。

 

切羽は、鍔の両面(上と下)を挟む薄い楕円形の金具です。鍔をしっかりと動かないようにする機能があります。「銅」「真鍮」「銀メッキ」「金メッキ」の4つの材質(仕上げ)から選択可能です。


鍔は、柄と刀身との間に挟み、柄を握っている手を防護するための金具です。 突いた際に自分の手が刃の ほうに滑らないようにする役割や刀身との重量のバランスを取る重要な役割を果たしています。
鍔の形状、材質などの仕様は、時代の変遷によって移り変わり、江戸時代に入ると実用的なものから装飾的な意味合いが強くなっていきました。 重量のある鍔ほど重心が鍔元にくるため振りやすく、軽量な鍔になるほど切っ先側に重心が移ります。試し切りの稽古に重点を置く場合には、軽量の鍔がお勧めです。

美濃坂製:鉄地鋳造または銅地からなる17種類の鍔から選択可能です。

柄鮫


刀身を握る柄木に覆いかぶせてある表面に細かな凹凸のある皮を鮫皮といいます。 柄木の補強と柄糸がズレないようにする機能があり、実際には、鮫皮ではなく、「エイ皮」を使用しています。
真剣の柄の場合、柄木全体にぐるりと鮫皮を着せる「腹合着」や「前垂着」が一般的ですが、居合刀の場合には、コストを抑えるために短冊の形をした2枚の鮫皮を柄木の表裏部分だけに覆いかぶせる「短冊着」が一般的です。

美濃坂製:色は「黒」と「白」から選択可能です。

縁 & 頭


柄の両端に付いている一組の金具です。柄頭側を「頭」、鞘側を「縁」といいます。縁金と頭金は一対となることが多く、2つの金具を総称して縁頭(ふちかしら)と呼びます。
柄の強度を高めることが主な役目です。また、柄頭は柄巻で使用した柄糸の結び目を覆うことで解けるのを防ぎ、不格好な結び目を隠すことで柄の美しさを引き立てます。
縁頭の寸法や形状が「握りやすい柄」の製作に大きく影響しますので、この選択が居合刀の良し悪しを左右する重要なポイントです。

美濃坂製:美濃坂製の拵は全て縁頭が基準で製作されています。そのため、縁頭の変更は承っておりません。

目貫


目貫は、刀身が柄から抜け落ちないように茎の孔に通す目釘を隠すように覆う金具です。現在では、目釘が実用本位の物となり、目貫は純粋な装飾品として付けられるようになりました。
通常、目貫は柄巻(柄糸)の下に装着されていますが、平巻や一貫巻といった柄巻の場合には、表面に装着される場合もあります。

美濃坂製:銅地古美仕上げによる14種類の目貫から選択可能です。

柄糸


柄を巻き締めた組紐や革緒などを柄巻といい、それに用いる組紐や革緒は柄糸と呼ばれます。 柄糸は、柄を握った際のグリップ感を高める機能と柄を補強する重要な役割があり、柄糸の素材によって握った感触も異なります。

純綿製の柄糸は、一般的な居合刀の標準仕様です。吸水性があり、価格も手頃ですが、耐久性は本絹製や革製よりも劣ります。本絹製の柄糸は、独特な艶があり、高級感があります。木綿製よりも耐久性があり、丈夫で長持ちします。一方で、サラサラとした触り心地で純綿製に比べて滑りやすく、やや硬めの握り心地になるため、初心者の方には純綿製がお勧めです。 革製は、吸水性はありませんが、耐久性が高く、丈夫で長持ちします。革を表面にした革表は、艶があり、高級感がありますが、滑りやすくなっています。また、革を裏側にして巻く革裏(スエード)は、艶はありませんが、毛羽立った感じのため革表に比べ滑りにくく、グリップ感があります。

美濃坂製: 「純綿」「本絹」「牛革(表・裏)」から選択可能です。

鞘塗


鞘は、刀身を刃を保護し、携行中の安全を確保する機能があります。時代の変遷とともに材質も様々ですが、近年では一般的に朴の木で作られています。1本の木を半分に縦に割り、内側を刀の形に合わせて削り、2枚の木を貼りあわせてたものに、鯉口や小尻、栗形などの金具をつけていきます。

鞘の表面に施される鞘塗は、通常、ウレタン塗装となっており、真剣と違い、コストが抑えられています。標準的な居合刀の鞘塗には、黒石目塗、茶石目塗といった「石目塗」と黒呂塗、茶呂塗、朱呂塗といった「呂塗」の2種類があります。石目塗は、石の表面のようなザラザラした砂状模様を模倣した鞘塗で、汚れ・疵が目立ちにくい仕上げです。一方で、呂塗りは、透明感と光沢のある平滑な鞘塗のため、繊細で非常に傷がつきやすいです。もし、持ち歩きが多い場合には、「石目塗」がお勧めです。

刀の差表側、鞘の鯉口近くにつけられた下緒を通すための穴がある突起物を、栗形(くりがた)といいます。通常、鯉口から7.5 cmのところに栗形が付けられています。 鯉口からさらに離して付けたい場合、オプションにて鯉口から最大20 cm まで離してつけることが可能です。

鐺(こじり)


真剣の鞘尻には、水牛角がつけられていますが、居合刀では、その代用に鐺(こじり)と呼ばれる金具が付けられています。鞘尻の破損を防ぐ役割があります。

美濃坂製:鐺のオプションはございません。「突兵拵」と「新刀肥後拵」には標準仕様で鐺がつけられています。

下げ緒


刀剣の鞘を腰帯に結びつけるために、栗形(くりかた)という鞘から膨らんだ穴に通して結ばれている紐を下緒と呼びます。
下緒を腰帯に結びつけることによって、刀を抜いた際に鞘が抜け落ちるのを防ぎ、また、不意に刀を奪われるのを防止するといった役割があります。 後世になると「返角(かえりつの)」と呼ばれる刀を固定するための留め具がつけられるようになり、次第に下緒本来の目的は薄れ、様々な色で染めたり、紋様を織り込んだりと、一種の装飾品としての側面が強くなりました。

美濃坂製:純綿製と本絹製から選択可能です。

居合刀の取扱の注意

真剣とは異なり、居合刀は最小限のメンテナンスのみ必要とします。居合刀は合金製のため、真剣のように錆びることがありません。ただし、若干水分を嫌いますので、濡れてしまった場合には乾いた柔らかい布で拭く程度で、日常的なお手入れは問題ありません。汚れがひどい場合や長期保存される場合には刀身、鍔や縁頭などの金具は柔らかい布や紙等に刀油を少し染み込ませ拭って下さい。(垂れるほどの油を刀身に塗布したまま鞘に納めると、鯉口が緩むなど、鞘を痛める原因となります。)誤った方法や過剰なお手入れは逆に刀を痛めますのでご注意ください。居合の稽古後は、安全上、適切なメンテナンスを心がけるようにしてください。

また、刀身に打粉を打つことはお避けください。 傷や鍍金剥がれの原因となります。 鍍金が剥がれますと、錆の発生するきっかけとなります。

工房・美濃坂の紹介動画はこちらからご覧いただけます。

メールマガジン登録

月1回発信予定。お客様情報は第三者に開示することはございません。