新着情報 & セール情報

  • 第55回全日本合気道演武大会の御礼 | 第55回全日本合気道演武大会では、多くのお客様にショップブーズまでお立ち寄り頂き、有難うございました。
  • サイトリニューアルのお知らせ | この度、星道ショップのウェブサイトが新しくリニューアル致しました! 「続きを読む
  • WEB限定サービス | ¥15,000以上のご注文は送料無料、¥20,000以上のご注文は送料+代引き手数料が無料、¥25,000以上のご注文は送料+代引き手数料無料+星道手拭いもプレゼント

伝統工房と職人の紹介

星道では、"純日本製" の武道用品を世界に発信するにあたり、その商品を作り上げる工房の職人方とのつながりをとても大切にしています。 私達がこだわる「純日本製の合気道衣」とは、一部工程のみを日本で行うことで「日本製」とされる一般的な日本製商品とは異なり、全製造プロセスの工程が日本で行われていることを意味しています。

お客様がご購入される商品は、大量生産で機械が作り出した商品ではなく、職人が丹精込めて、時間をかけて作り上げた逸品です。 星道の商品をご購入される際には、その武道用品を作りあげた職人のことを少しでも知って頂ければとても嬉しく思います。 このページでは、私達が日頃からお取引している工房について紹介しています。 商品が出来上がるまでの背景も知って頂きながら、職人の魂が吹き込まれた武道用品を永くご愛用頂けたら光栄です。

道衣

星道の合気道衣は、生地の製織から縫製までの全工程が日本で行われている「純日本製」です。 (一部のモデルのみ、良質な国産木綿が稀少なため、厳選された南アジア産木綿を使用したモデルもありますが、製織、裁断、縫製、晒加工の製造プロセスは全て日本で行われています。) 古来から受け継がれた伝統的技法を継承しながら、現代の新たな技術も取り入れた星道の道衣には、丈夫さと柔らかさが調和しています。 その着心地の良さを感じて頂けることでしょう。

愛知工房

愛知工房・職人

モデル: 合気道衣(AS200, AS250, WA300, WA600, WA800, KS200) /ソフト帯

愛知工房は、愛知県三河地方に位置しています。 三河地方は、古代から綿花の栽培とともに発展した日本を代表する綿織物の一大産地です。 約一世紀間続く伝統あるこの工房では、この地方で生産される「三河木綿」と呼ばれる上質な綿織物を使用したアイテムを数多く製作しています。 合気道衣のほか、空手衣、居合道衣、剣道衣など、星道ブランドの多くの道衣モデルは、代々受け継がれてきた職人技術をもってこの工房で製作されています。 また、ソフト帯もこの工房で作られています。

星道の袴は、道衣と同様、「純日本製」です。 袴製作における製織、染色、裁断、縫製まで、全て日本国内で行われています。 (一部商品のみ、生地の原材料のみ輸入しています。)
純日本製ならではの丁寧な裁断と縫製を施した星道の袴は、合気道の動きを計算しつくしたつくりとなっており、丈夫で動きやすいだけではなく、細部にまで補強をこだわった丈夫な袴です。 袴のプリーツの開きや立ち姿も美しく、演武などにも大変お勧めです。

奈良工房

奈良工房・生地裁断

モデル: 高級テトロン稽古袴

奈良工房は小さな工房です。もともと高品質な剣道袴や居合袴の製作には定評があったこの工房の職人と協力し、星道袴シリーズのひとつ「高級テトロン 合気道稽古袴」を作り上げました。
「高級テトロン 合気道稽古袴」は、厳選されたテトロン生地を使用し、普段の稽古でダメージを受けやすい腰板部分やスリット部分などに細部に補強を施した、最高の耐久性を持ち合わせた星道オリジナルの合気道袴です。

上野工房(東京都)

上野工房(東京都)・袴

モデル:「高級テトロン 合気道稽古袴」を除く全ての袴

日本で袴を専門に製作をする工房の中で、一世紀あまりの長い歴史をもつ最古の工房です。 かつては、多くのメーカー業者に剣道、居合道、弓道、茶道、合気道の袴を卸していました。 かつて合気道用の袴がまだ世になかった時代に、合気道袴の最初のモデルを作り上げた工房でもあります。 私達の知る限りでは、恐らく、手縫いをメインに袴を製作する日本で唯一の工房です。 手縫いの袴製作には高い縫製技術と知識が求められ、また、伝統ある工房ゆえに生地問屋とのつながりも長く、製造コストも低く抑えることができることから、技術面においても、価格面においても、この工房の袴のコピー商品を製作することは難しいと言われています。

星道の全ての帯は、生地の製織から縫製までの全工程が日本で行われている「純日本製」です。
帯製作は、道衣や袴に比べてシンプルな製造工程ですが、曲がりのない美しい直線ステッチを入れるには高い縫製技術が求められます。 特に先入れ刺繍の入った帯のステッチは、刺繍の上に直線ステッチを入れるため、刺繍と帯を調和させるための縫製の精巧さが求められ、非常に難しい作業です。

大阪工房

大阪工房・職人

モデル: スリム黒帯, スリム特上黒帯, 朱子黒帯、本絹黒帯

大阪郊外に位置し、約一世紀にわたり武道帯の製作をしています。 当社のお取引のある工房のなかでは一番規模が大きく、工房内には最新の機器が整備され、品質管理も徹底的になされた近代的な工房です。 今までお取引をしてきた帯工房の中でも、先入れ刺繍のクオリティは非常に高く、文字バランスが難しい外国人の名前や道場名なども素晴らしい出来上がりです。

木製武器 & 武器袋

星道で取り扱う木刀や杖などの木製武器は全て、宮崎県都城市の工房で製作しています。 九州霧島山系に近い都城市周辺は、昔から良質の堅木類の産地であり、木刀の生産が盛んに行われていました。 木刀生産の伝統は現在に引き継がれ、武道の木刀だけでなく、歴史にみられる古流木刀、スヌケや黒檀など高級木材を使用した工芸品としての木刀まで、伝統工芸士によって製作されています。 職人、工房の減少にともない、ひとつの工房の製作本数だけでは販売が難しいため、星道では安定して商品の在庫をかかえるにあたり、都城市に残る4つの工房全てとお取引をしています。

新留木工製作所

新留木刀製作所・新留氏

都城市に残る木刀工房の中でも、二人の兄弟だけで工房を切り盛りする小さな工房です。 兄の新留義昭氏は、木刀製作に関する知識とその匠な技術で、木刀職人の間でも折り紙付きの腕をもつ職人です。 ただし、月に製作できる本数が限りがあり、大量に仕入れることが難しいため、星道では「スヌケ」や「椿」製の高級木材を使用した木製武器や他工房でも製作が難しいとされる特注品などを中心に製作を依頼しています。

新留木工製作所についての当ショップによる取材記事はこちらで紹介しています: 日本木刀の歴史と伝統工芸士・新留義昭氏

荒牧武道具木工所

荒牧武道具木工所

荒牧氏は、新留氏と同じく都城を代表する木刀職人のひとりです。 2004年には、都城木刀の品質向上に長年努めたことなどが評価され、国が卓越した技能者に贈る「現代の名工」に選ばれています。
全国の90%以上のシェアを占める木刀産地・都城市。 その歴史は江戸末期に薩摩示現流の太刀を見本に木刀を作ったのが始まりといわれていますが、現在の反りのある形は大正時代、荒牧氏の祖父によって完成されました。 荒牧武道具木工所は、月に100本以上一度に仕入れることができるほど非常に大きな工房です。 樫木類の一般的な木刀だけでなく、高級木材である「スヌケ」や「椿」、希少価値の高い「黒檀」や「本びわ」製の木刀なども製作しています。

堀之内登製作所

堀之内登製作所

堀之内登製作所は、荒牧武道具木工所と同じくらいの規模を誇る大きな工房で、毎日250本近くの木刀を製作しています。 製作する木製武器の種類は4つの工房の中でも一番多く、通常の木刀から古流流派の木刀まで何百種類の木刀製作が可能なことから、 堀之内氏は日本だけでなく海外の武道家の間でも有名です。
堀之内登製作所に隣接する木刀展示館では、1923年の創業当初からこれまで製作してきた数々のモデルが展示され、少なくとも100種類近くの木刀を見学することができます。

堀之内登製作所についての当ショップによる取材記事はこちらで紹介しています: 木刀の種類 ~堀之内登製作所 訪問~

松崎木刀製作所

松崎木刀製作所

松崎木刀製作所は数人の職人で営む小さな工房ですが、日本でも有名な武道メーカーにも木刀を大量に供給しており、赤樫や白樫などの一般的な普及型木刀をメインに製作しています。
星道では、販売本数の多い赤樫製、白樫製の普及型大刀や特製型大刀の製作をお願いしています。

名古屋工房

名古屋工房

日本国内では、昨今、木製武器用のバッグを製造する工房はほとんど店を閉め、現在では数えるほどしか残っていません。 木製武器や道衣、袴と比べ、武器袋が「日本製」であることをマストとしているユーザーが多くないのも理由のひとつと言われています。 現在、星道の武器袋を製作している名古屋にある工房の職人、橋爪氏に出会い、今まで世に存在しなかった「合気道用木製武器のための武器袋」の製作を可能にすることができました。 「合気道用品専門店」として、合気道家の意見を取り入れた純日本製の商品作りにこだわってきましたが、橋爪氏のご理解・ご協力のおかげで私達が求める様々な合気道用モデルの高品質な武器袋を誕生させることができました。