美濃坂製 新刀肥後拵 (重量刀身)

レビューはまだありません。 | レビューを書く
受注生産品 | 製作期間: 約前後
本日のご注文の場合、以内の発送予定です。
在庫有り (2営業日以内発送)
本日のご注文の場合、以内の発送予定です。
在庫状況 頃の入荷予定
新商品
¥102,600 ~
サイト内は全て税込価格です。
価格はカスタマイズ内容によって変わります
選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

岐阜県の伝統ある工房・美濃坂で熟練の職人によって丹精こめて製造された純日本製の新刀肥後拵です。

肥後拵は、肥後藩主細川三斎創案による堅牢で格調の高い極めて実用的な拵です。茶道と居合の感覚が見事に調和されています。肥後細川藩が抜刀伯耆流居合を奨励していたため、一瞬でも早く刀を抜くことを目的に、刀身の長さも二尺一寸前後と短寸で、柄部も七寸前後と短いため、時代考証を十分に考慮しつつ、居合剣抜刀の最高傑作として真剣同様の使用感を追求、完成させたのがこの新刀肥後拵です。居合道の高段者用に重点をおいた重量刀身です。

刀身は、居合刀の中でも最も折れにくく、安全性の高い強化合金を使用しています。切れ味の鋭い最も実践的な寛文新刀の巨匠虎徹写の刀身で、柄は握りやすい両立鼓をとっています。刀身は5分刻みで調整可能です。高級感ある本絹の柄巻に肥後金工写し鉄地鋳造の春日鍔を仕様しています。鞘は堅牢な本茶石目で栗形の位置差裏には肥後拵独特の一文字を入れてあります。

新刀肥後拵は、追加料金がかからずに耐久性の高い本絹下緒と本絹柄糸を選択することが可能です。

【美濃坂 推奨オプション】

  • 刃文: 直刃
  • ハバキ & 切羽: 庄内ハバキ & 真鍮切羽
  • 鍔: 春日
  • 柄糸: 本絹・茶 / 捻巻
  • 柄鮫:
  • 目貫:
  • 鞘塗: 茶石目 または 本茶石目
  • シトドメ: 金メッキ
  • 下緒: 本絹・茶

上記オプションは、製作工房である美濃坂が時代考証をもとに、また審美的な観点で推奨している新刀肥後拵の仕様です。お客様のお好みに合わせてオプションを変更することも可能です。

 

標準仕様
縁 / 頭 FKM111 - 肥後石目
真鍮
縁 : 40 x 21 x 9 mm
頭 : 35 x 18 x 11 mm
元幅 ~33 mm
先幅 ~24 mm
元重 ~7 mm
重量 (2尺4寸5分の場合) ~920 g 鞘なし | ~1,200 g 鞘有り

美濃坂製 居合刀オプション

ご注文確定後は、1日でも早くお客様に商品をお届けするため工房にて製造工程に入ります。そのため、ご注文確定後の注文内容の変更・キャンセルは、いかなる理由があっても承ることができません。

また、ご注文時にご案内している納期は平均製造日数から算出しております。居合刀製品の特性上、オプション内容や仕様によっては製造遅延が生じることもございます。製造遅延に伴うキャンセルは承ることができません。上記、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

美濃坂製カスタム居合刀の納期は、通常、3~5週間となります。(祝祭日を除く) オプション内容などによって、それ以上の納期がかかる見込みの場合には、ご注文から3営業日内にご案内させていただきます。

カスタム居合刀をご注文の際には、標準仕様も含めて、全てのオプションタブから各アイテムを選択する必要があります。オプションタブの中にないアイテムは選択はできません。

お客様にとって最適なカスタム居合刀をご選択いただくために、是非、「居合刀の選び方」ページをご注文前にご参照ください。


刃渡り


選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

刀身の切っ先先端から刃の棟と茎の棟の境にある棟区(むねまち)までの直線距離を刃渡りといいます。
刃渡りには、ハバキは含まず(写真参照)、尺・寸・分の単位で表されます。1尺の長さは約303 mm、1寸は1尺の1/10で30.3 mm、1分は1寸の1/10で約3 mmです。

軽量刀身と標準刀身の刃渡りは、最大2.45尺(2尺4寸5分)まで製作可能です。また、厚口(重量)刀身は、最大2.70尺(2尺7寸)まで製作可能です。

Here comes the text for the Satsuma Koshirae Monster

一般的に、最適な刃渡りは身長から算出することが多いですが、流派や道場によって基準となる長さが異なる場合がございます。下記の基準規格は、日本居合道連盟の規格です。 女性、そして合気道家が自主稽古の一環で使用するような場合などは、抜刀のしやすさを考慮し、同身長の男性の推奨する長さよりも0.5尺短めの刀身を使用することを推奨しています。

最適な刃渡りについては、必ず、ご購入前に師範の先生や先輩方にご確認ください。

身長 刃の長さ(男性の場合) 刃の長さ(女性の場合)
~ 150 cm 2尺2寸 / 66.6 cm N/A
~ 155 cm 2尺2寸5 / 68.2 cm 2尺2分 / 66.6 cm
~ 160 cm 2尺3寸 / 69.6 cm 2尺2寸5分 / 68.2 cm
~ 165 cm 2尺3寸5分 / 71.2 cm 2尺3寸 / 69.6 cm
~ 170 cm 2尺4寸 / 72.7 cm 2尺3寸5分 / 71.2 cm
~ 175 cm 2尺4寸5分 / 74.2 cm 2尺4寸 / 72.7 cm
~ 180 cm 2尺5寸 / 75.8 cm 2尺4寸5分 / 74.2 cm
~ 185 cm 2尺5寸5分 尺 / 77.3 cm 2尺5寸 / 75.8 cm
~ 190 cm 2尺6寸 / 78.8 cm 2尺5寸5分 / 77.3 cm
~ 200 cm 2尺7寸 / 81.8 cm NA

樋彫り


選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

刀身の鎬地に彫られた溝のことを、棒樋といいます。
樋があることによって、刀身の強度を落とさずに軽量化することができ、樋鳴り(刀を振った時の風切り音)がします。また、樋は俗に「血流し」とも呼ばれ、切ったときに付着した血を溝を伝って流す役割も果たしています。

  • 「通常樋」:最も標準的な樋彫りです。
  • 「樋無し」:樋鳴り(刀を振った時の風切り音)はほとんどせず、樋がない分だけ刀身そのものの重量が重くなります。(標準刀身の場合は約50 g、重量刀身の場合は約150 g位)
    ※樋無しの加工の場合、製作納期は約6週間です。

刃文


選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

刀身に見ることができる波模様のことを刃文といいます。

真剣では、焼き入れ(熱した刀身を一気に水槽の中に入れて冷却する)前に行う、粘土や砥石の粉を混合した「焼き刃土」という土を盛る「土置き」の工程で、刃文が出る刃側には薄く、棟側には厚く土を盛って焼き入れを行います。土で刀身に加わる熱量を調整することで、刀の表面に「マルテンサイト」と呼ばれる鋼鉄が表出し、刃文が作り出されます。

代表的な刃文には、まっすぐに刃が入る「直刃(すぐは)」や波打って見える「乱れ刃」、波の間隔がゆったりしている「湾れ(のたれ)」、波が規則正しく繰り返す「互の目(ぐのめ)」などがあります。その他、昔の名刀や名人の作に似せた「写し」の刃文の多くは、刀工や武将の名前から名づけられ、価格も様々です。

刃文は、刀工や流派、時代等による特色が最も顕著になる部分で、刀鑑賞における重要なポイントとされています。


ハバキ & 切羽


?
?
選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

ハバキは、刀身の根本、刀身と鍔の間に嵌める金具です。刀身が鞘の中かでぐらつかないように支え、また刀が鞘から抜け落ちないように固定する機能があります。
「真鍮」「金メッキ」「銀メッキ」の3つの材質(仕上げ)から選択でき、「無地」の他、「庄内」「祐乗」の3種のデザインから選択可能です。(製作上、真鍮製で庄内ハバキの組み合わせの指定はできません。)
なお、真剣に合わせてひとつひとつ白金師が製作する真剣ハバキと異なり、居合刀ハバキは規格品のため、刀身からハバキを無理に取り外したり、交換したりすることは推奨していません。

切羽は、鍔の両面(上と下)を挟む薄い楕円形の金具です。鍔をしっかりと動かないようにする機能があります。
「銅」「真鍮」「銀メッキ」「金メッキ」の4つの材質(仕上げ)から選択可能です。



?
選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

は、柄と刀身との間に挟み、柄を握っている手を防護するための金具です。
突いた際に自分の手が刃の ほうに滑らないようにする役割や刀身との重量のバランスを取る重要な役割を果たしています。
鍔の中央に中心孔(なかごあな)という刀身を通す穴があり、左右の小さい穴には、小柄と笄(こうがい)が通ります。鍔を切羽と呼ばれる薄い2枚の金属の板で挟まれる形で刀身にはめこみ、目釘を中心孔に通して柄に固定する仕組みになっています。

鍔の形状、材質などの仕様は、時代の変遷によって移り変わり、江戸時代に入ると実用的なものから装飾的な意味合いが強くなっていきました。現在では、様々な意匠を凝らしたデザインや緻密な彫金のものなど、芸術・装飾性の高いアイテムとなっています。

鍔の平均重量は、約 120 gです。
目安として120g以上の重量のある鍔ほど重心が鍔元にくるため振りやすく、120g以下の軽量な鍔になるほど切っ先側に重心が移ります。試し切りの稽古に重点を置く場合には、軽量の鍔がお勧めです。鍔のサイズ、素材、重量の仕様については、下記の表をご参照ください。

鍔 仕様

鍔 仕様
品番 備考 素材 サイズ 重量
TM001
わし
わしを図にした鍔です。 75 mm x 70 mm x 4.1 mm 136 g
TM002
車透し
有名な剣豪を輩出した剣の一族の名前である「柳生」鍔ともいいます。 真鍮 75 mm x 73 mm x 5.3 mm 123 g
TM003
七宝
仏典中に列挙される7種の宝。代表的なものとして、金、銀、瑠璃、しゃこ、珊瑚、瑪瑙(めのう)があります。 74 mm x 70 mm x 4.1 mm 135 g
TM004
半次郎
幕末に薩摩藩で活躍した中村半次郎が愛用していたとされる鍔を模して製作された鍔です。 真鍮 79 mm x 65 mm x 6 mm 142 g
TM005
埋忠
桃山時代から江戸初期に京都西陣に住した金工家の系統の名前です。 84 mm x 75 mm x 4.3 mm 150 g
TM006
ひょうたん透し
ひょうたんの透しが2つ入った鍔です。 真鍮 71 mm x 70 mm x 5 mm 126 g
TM007
武蔵
剣豪・宮本武蔵創案とされる鍔を模して製作された鍔です。 真鍮 74 mm x 74 mm x 7.1 mm 146 g
TM008
春日
肥後金工写しです。 84 mm x 76 mm x 4.1 mm 138 g
TM009
龍を図にした鍔です。 81 mm x 77 mm x 4.1 mm 147 g
TM010
ナマコ透し
左右に2匹の海鼠(なまこ)の透かしが入っています。 74 mm x 69 mm x 4.1 mm 90 g
TM011
鉄無地
無地の鍔です。 74 mm x 69 mm x 4.1 mm 134 g
TM012
影蝶
蝶が地に落とした影の図で肥後鍔の代表的な図のひとつです。 真鍮 74 mm x 72 mm x 5 mm 106 g
TM013
波を図にした鍔です。 81 mm x 77 mm x 4.1 mm 145 g
TM014
平田
江戸時代に活躍した七宝師の名前です。 真鍮 76 mm x 72 mm x 4.5 mm 120 g
TM015
肥後
熊本及び八代を中心として作られた刀の鍔です。 75 mm x 71 mm x 4.1 mm 90 g
TM016
新型埋忠
桃山時代から江戸初期に京都西陣に住した金工家の系統の名前です。 85 mm x 76 mm x 4.1 mm 165 g
TM022
銀杏象嵌
春日の鍔に銀杏細工が嵌め込まれています。 84 mm x 77 mm x 4.1 mm 141 g

 


柄の長さ


選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

刀身を握る部分をといい、柄の長さとは、柄の両端についている縁と頭も含めた全体の長さを指します。
刀身の多くの柄は朴の木から作られており、その柄木の補強と滑り止めの為、表面に細かな凹凸のある鮫皮を覆いかぶせてあります。(これを「柄木に鮫皮を着せる」といいます。)
真剣の柄の場合、柄木全体にぐるりと鮫皮を着せる「腹合着」や「前垂着」が一般的ですが、居合刀の場合には、コストをおさえるために一部分だけ鮫皮が覆いかぶせる「短冊着」が一般的です。

柄糸の素材(純綿・本絹・革)に応じて、柄の長さを僅かに調整し、握りやすさや振りやすさが変わっていきます。多くの流派では、3つの拳分ほどの長さが最適な長さとされていますが、全ての流派や道場に適するものではございません。柄の長さやバランスに関しては、居合道では重要なポイントとなります。指導指針等と異なる可能性もございますので、遵守すべき内容については、予め師範の先生や先輩などにご確認いただくことを推奨いたします。
一般的な基準値については、以下の表をご参照ください。

刀身の長さ 最適な柄の長さ
2尺2寸 ~ 2尺2寸5分 7寸5分 ~ 8寸
2尺3寸 ~ 2尺3寸5分 8寸 ~ 8寸5分
2尺4寸 ~ 2尺4寸5分 8寸5分 ~ 9寸
2尺5寸 ~ 2尺5寸5分 9寸 ~ 9寸5分
2尺6寸 ~ 2尺7寸 9寸5分 ~ 1尺

柄糸


選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

柄を巻き締めた組紐や革緒などを柄巻といい、それに用いる組紐や革緒は柄糸と呼ばれます。
柄糸は、柄を握った際のグリップ感を高める機能と柄を補強する重要な役割があり、柄糸の素材によって握った感触も異なります。

純綿製の柄糸は、一般的な居合刀の標準仕様です。吸水性があり、価格も手頃ですが、耐久性は本絹製や革製よりも劣ります。本絹製の柄糸は、独特な艶があり、高級感があります。木綿製よりも耐久性があり、丈夫で長持ちします。一方で、サラサラとした触り心地で純綿製に比べて滑りやすく、やや硬めの握り心地になるため、初心者の方には純綿製がお勧めです。
革製は、吸水性はありませんが、耐久性が高く、丈夫で長持ちします。革を表面にした革表は、艶があり、高級感がありますが、滑りやすくなっています。また、革を裏側にして巻く革裏(スエード)は、艶はありませんが、毛羽立った感じのため革表に比べ滑りにくく、グリップ感があります。

柄糸は一本一本、伝統的な手法で作られているため、色の見え方は実際のものと若干異なる場合がございます。
一般的に、居合刀全体の調和を図るため、柄糸と下げ緒の色は同じ色を使うことが多いですが、お好みで異なる色を選択することも可能です。


柄鮫 & 柄巻


?
?
?
選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

刀身を握る柄木に覆いかぶせてある表面に細かな凹凸のある皮を鮫皮といいます。
柄木の補強と柄糸がズレないようにする機能があり、実際には、鮫皮ではなく、「エイ皮」を使用しています。
真剣の柄の場合、柄木全体にぐるりと鮫皮を着せる「腹合着」や「前垂着」が一般的ですが、居合刀の場合には、コストを抑えるために短冊の形をした2枚の鮫皮を柄木の表裏部分だけに覆いかぶせる「短冊着」が一般的です。

当店では、鮫皮の代用として、プラスチック製皮(白・黒)もオプションで選択することが可能です。

また、オプションにて目釘を2本にすることも可能です。職人の観点では、刀を分解するといったケースがない限り、1本目釘でも2本目釘でも安全性の大きな違いはございません。なお、柄巻が「平巻」の場合には、2本目釘のオプションは選択できません。


目貫


?
?
選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

目貫は、刀身が柄から抜け落ちないように茎の孔に通す目釘を隠すように覆う金具です。
元々、一般的な釘のように、棒状の部分と傘の部分が一つになっており、目貫自体が目釘としての役割がありましたが、後世では実用性よりも装飾的な意味合いが強くなったため、目釘とは独立したものとなりました。結果、目釘は実用本位の物となり、目貫は純粋な装飾品として付けられるようになりました。通常、目貫は柄巻(柄糸)の下に装着されていますが、平巻や一貫巻といった柄巻の場合には、表面に装着される場合もあります。

刀を抜いて構えたときに右手親指側を「表」、右手甲側を「裏」と呼びますが、目貫は柄の表側と裏側に一つずつ飾るために二つ一組になっています。一般的に、刀を握って構えた際、両掌に当たるよう互い違いの位置(「通常」)に目貫が装着されますが、その他、両目貫の位置を柄中心に装着する「中央」、また通常の位置と反対の「逆目貫」の3つの装着位置から選択可能です。

目貫 仕様

目貫 仕様
品番 備考 素材 サイズ(縦 x 横
MM001
菱は、一年草の水草であるヒシ科のヒシの実またはヒシの葉を図案化したもので、武家の家紋としても用いられています。 アルミ合金 15 mm x 34 mm
MM002
生まれた川へと産卵のために舞い戻る習性から、「帰還」「再生」の象徴とされる鮭をかたどっています。 真鍮 14 mm x 45 mm
MM003
剣巻龍
龍が剣に巻き付いている様を表しています。 アルミ合金 09 mm x 68 mm
MM004
トンボ
退却せずに前にしか進まないところから「不退転」の精神を表すものとして「勝ち虫」とも呼ばれ、戦国武将に愛されたトンボをかたどっています。モチーフです。 アルミ合金 13 mm x 39 mm
MM005
桜は、昔から生命力を高める象徴として愛でられ、神紋として神社に多く用いられているほか、武家の家紋としても用いられています。 アルミ合金 11 mm x 11 mm
MM006
龍(小)
吉兆の象徴である龍をかたどっています。大と小の2つのサイズがあります。 真鍮 11 mm x 38 mm
MM007
龍(大)
吉兆の象徴である龍をかたどっています。大と小の2つのサイズがあります。 真鍮 11 mm x 53 mm
MM008
つくし
桜の咲き始める頃に土を突く突く押し上げ頭を出すつくしをかたどっています。 真鍮 06 mm x 58 mm
MM009
牡丹
富や名声の象徴である牡丹をかたどっています。 真鍮 12 mm x 54 mm
MM010
2疋の羊が戯れる様子が描かれ、刀装具には希少な羊をかたどっています。 真鍮 11 mm x 27 mm
MM011
剣カタバミ
片喰(カタバミ)の葉の形の優雅さに、刀の切れ味の鋭さが加えられている剣カタバミは、武家の剣をイメージさせ、武将に愛された紋のひとつです。 16 mm x 49 mm
MM012
ムカデ
ムカデは「百足」と書き、百足は後退しないということから、武将に好まれた意匠です。 真鍮 9 mm x 52 mm
MM013
九曜紋
平安時代以降から貴族、武士の間で信仰の対象として用いられてきた九曜紋(中央の星を八星が囲んでいる)をかたどっています。 15 mm x 45 mm
MM014
海老
縁起の良いもの、長寿の象徴とされている海老をかたどっています。 アルミ合金 11 mm x 7 mm

鞘塗


選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

鞘は、刀身を刃を保護し、携行中の安全を確保する機能があります。時代の変遷とともに材質も様々ですが、近年では一般的に朴の木で作られています。1本の木を半分に縦に割り、内側を刀の形に合わせて削り、2枚の木を貼りあわせてたものに、鯉口や小尻、栗形などの金具をつけていきます。

鞘の表面に施される鞘塗は、通常、ウレタン塗装となっており、真剣と違い、コストが抑えられています。標準的な居合刀の鞘塗には、黒石目塗、茶石目塗といった「石目塗」と黒呂塗、茶呂塗、朱呂塗といった「呂塗」の2種類があります。
石目塗は、石の表面のようなザラザラした砂状模様を模倣した鞘塗で、汚れ・疵が目立ちにくい仕上げです。一方で、呂塗りは、透明感と光沢のある平滑な鞘塗のため、繊細で非常に傷がつきやすいです。もし、持ち歩きが多い場合には、「石目塗」がお勧めです。

 

  • 印呂 (SY221): 円周方向に巻き上げたように刻みを入れた刻鞘(きざみざや)で、柳生拵の標準的な鞘塗です。滑り止め効果と装飾性をあわせもっています。お好みで他の拵と合わすことも可能です。
  • 黒呂(SY101): 透明感と光沢のある平滑な黒色の鞘塗です。
  • 黒石目(SY102): 石の表面のようなザラザラした砂状模様を模倣した黒色の鞘塗です。
  • 茶石目(SY103): 石の表面のようなザラザラした砂状模様を模倣した茶色の鞘塗です。
  • 本黒石目(SY200) ・本茶石目(SY201): 黒石目・茶石目よりもさらに粒子が細かく、本格的で品のある鞘塗です。
  • 堆朱(SY202): 朱と黒の漆を幾層にも重ね塗りして研ぎ出す、絡み合った色が独特な文様を描いている手の込んだ鞘塗です。
  • 黒蛭巻(SY203): 蛭が巻き付いたように見える黒の螺旋状模様の鞘塗です。
  • 朱蛭巻(SY204): 蛭が巻き付いたように見える朱色の螺旋状模様の鞘塗です。
  • 蝶貝(SY205): 蝶貝独特の光沢が美しい鞘塗です。
  • 篠笛(SY206): 一定の幅と間隔で黒呂塗を塗り分けている篠笛の表面のような鞘塗です。
  • 印伝(SY207): 黒地に朱の斑点が描かれている鞘塗です。
  • 朱呂(SY208): 透明感と光沢のある平滑な朱色の鞘塗です。
  • 印呂 (SY221): 円周方向に巻き上げたように刻みを入れた刻鞘です。鐺(こじり)を組み合わせることはできません。
  • 半鮫/黒呂(SY209):黒呂鞘の一部に鮫皮が巻きつけられた鞘です。
  • 半藤巻/黒石目(SY210):黒石目鞘の一部が藤巻になっている鞘です。
  •  


    鞘 栗形


    ?
    ?
    買い物かごに追加するには、全てご入力下さい。
    選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

    刀の差表側、鞘の鯉口近くにつけられた下緒を通すための穴がある突起物を、栗形(くりがた)といいます。
    穴を刳り貫く意味の「刳り形」(くりがた)が語源となっています。

    通常、鯉口から7.5 cmのところに栗形が付けられています。鯉口からさらに離して付けたい場合、オプションにて鯉口から最大20 cm まで離してつけることが可能です。(ただし、1215 cm以上は推奨していません。) 納期は約5~6週間です。

    シトドメとは、栗形の穴の縁を飾る装飾金具です。金メッキ銀メッキの2種から選択可能です。


    下緒


    選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

    刀剣の鞘を腰帯に結びつけるために、栗形(くりかた)という鞘から膨らんだ穴に通して結ばれている紐を下緒と呼びます。
    昔は、刀剣を腰に結びつけて携行するための紐でしたが、腰帯に差して携行する打刀が流行すると鞘を腰帯に結びつけるために用いられるようになりました。下緒を腰帯に結びつけることによって、刀を抜いた際に鞘が抜け落ちるのを防ぎ、また、不意に刀を奪われるのを防止するといった役割があります。
    後世になると「返角(かえりつの)」と呼ばれる刀を固定するための留め具がつけられるようになり、次第に下緒本来の目的は薄れ、様々な色で染めたり、紋様を織り込んだりと、一種の装飾品としての側面が強くなりました。

    一般的な居合刀の下緒は、人絹(レーヨン)純綿本絹などの材質が用いられています。
    純綿製の下緒は、様々な 色・柄から選択することが可能です。
    本絹製の下緒は、 色(無地)のみ選択可能です。純綿製の下緒と比べ、本絹の下緒はより硬めの感触です。
    下緒は、一本一本染めているので、写真と実際の色味では若干異なることがございます。

    標準的な下緒の長さは、220 cmです。 本絹製の下緒のみ、220 cmと240 cmから選択可能です。
    全ての居合刀の下げ緒は、一般的な「浪人結び」と呼ばれる結び方で結ばれています。

    アクセサリー​の​お勧め一覧

    西陣織 居合刀袋
    合皮製 居合刀袋
    カノコ織ナイロン製 居合刀袋
    合皮製 居合刀袋 (二本用)
    高級クラリーノ製 居合刀袋
    ¥6,100 ~ ¥8,800
    ¥6,100

    選択後に価格が切り替わります。

    選択されたオプションは注文できません。リセットされました。

    西陣織 居合刀袋

    純日本製

    素材: 絹・綿

    長さ:136 cm (~2尺5寸) | : 16 cm | 重量: 180 g

    色: : 紫 (上製) または 青 (特上)

    京都・西陣織製の居合刀袋(房付き)です。着物に使用される生地を使い、名刀の保管にふさわしい気品高い西陣織の刀袋です。居合刀一振り、または、竹刀、木刀、杖の3本をまとめて収納することが可能です。
    伝統的な上製モデル(紫地ベース)とより豪華な特上モデル(青地ベース)の2種類から選択可能です。

    西陣織について:
    西陣織りとは、京都市の「西陣」において製織された高級絹織物の総称です。西陣は、世界でもまれな織物の産地でもあります。京都の宮廷文化に育まれた優れた意匠感覚と、1000年以上にわたって長い歴史に培われた先染めの紋織物の技術は、海外でも高い評価を受けています。

    ¥3,800 ~ ¥4,700
    ¥3,800

    選択後に価格が切り替わります。

    ?
    選択されたオプションは注文できません。リセットされました。
    ?
    ?
    入力済み文字数と、選択されている「文字数」が一致するかどうかご確認下さい。 "<span class="words"></span>" is (are) considered as one word (each).
    注意:ロゴ刺繍をご希望の場合は、必ずご注文前にショップまでお問い合わせください。事前のご連絡がなくご注文頂いた場合には、自動的に払い戻しされます。

    合皮製 居合刀袋

    純日本製

    素材: 合皮

    長さ: 111 cm (~2尺4寸5分) または 120 cm (~2尺6寸5分) 重量: 400 g

    ネームプレートオプション: 合皮製ネームプレート刺繍 (6文字まで可能)

    耐水性・耐久性のある合皮製の居合刀袋です。2尺6寸5分までの居合刀が一振り収納できます。
    メンテナンス用品などが収納できる小物用ポケット付きです。

    • 長さが111 cm (Mサイズ) または 120 cm (Lサイズ)から選択可能
    • 底部分に補強加工有り
    • 小物用ポケット
    • ちょっとした雨でも安心の耐水性と耐久性を兼ね備えた合皮製
    • 長さ調整の可能なショルダーストラップ(背負紐)付き
    • フロント部分にネームプレートポケット有り

    ネームプレートオプション: オプションにて合皮製ネーム刺繍プレートを製作することが可能です。
    刺繍は、姓のみ、名前のみ、道場名など6文字までお好みでお入れすることが可能です。ただし、文字数が増えるほど、文字の大きさは小さめになります。刺繍についての詳細は、 「刺繍・文字彫りについて」のページをご覧ください。

    ¥4,900

    選択後に価格が切り替わります。

    ?
    選択されたオプションは注文できません。リセットされました。
    ?
    ?
    入力済み文字数と、選択されている「文字数」が一致するかどうかご確認下さい。 "<span class="words"></span>" is (are) considered as one word (each).
    注意:ロゴ刺繍をご希望の場合は、必ずご注文前にショップまでお問い合わせください。事前のご連絡がなくご注文頂いた場合には、自動的に払い戻しされます。

    カノコ織ナイロン製 居合刀袋

    純日本製

    素材: カノコ織ナイロン

    長さ: 111 cm (~2尺4寸5分) 重量: ~400 g

    ネームプレートオプション: 合皮製ネームプレート刺繍 (6文字まで可能)

    持ち運びの機会が多い居合道家に最適なカノコ織ナイロン製居合刀袋です。軽量でありながら、耐水性と耐久性を兼ね備えています。裏地がクッション性のあるキルティング素材になっているため、大切な居合刀真剣を保護します。

    • 軽量性のあるカノコ織ナイロン素材(裏地はキルティング素材)
    • 底部分に補強加工有り
    • 小物用ポケット
    • 長さ調整の可能なショルダーストラップ(背負紐)付き
    • フロント部分にネームプレートポケット有り

    ネームプレートオプション: オプションにて合皮製ネーム刺繍プレートを製作することが可能です。
    刺繍は、姓のみ、名前のみ、道場名など6文字までお好みでお入れすることが可能です。ただし、文字数が増えるほど、文字の大きさは小さめになります。刺繍についての詳細は、 「刺繍・文字彫りについて」のページをご覧ください。

    ¥8,900

    選択後に価格が切り替わります。

    ?
    選択されたオプションは注文できません。リセットされました。
    ?
    ?
    入力済み文字数と、選択されている「文字数」が一致するかどうかご確認下さい。 "<span class="words"></span>" is (are) considered as one word (each).
    注意:ロゴ刺繍をご希望の場合は、必ずご注文前にショップまでお問い合わせください。事前のご連絡がなくご注文頂いた場合には、自動的に払い戻しされます。

    合皮製 居合刀袋 (二本用)

    純日本製

    素材: 合皮

    長さ: 117 cm  |  重量: ~650 g

    ネームプレートオプション: 合皮製ネームプレート刺繍 (6文字まで可能)

    耐水性・耐久性のある合皮製の居合刀袋です。 2.55尺までの居合刀二振り、または、居合刀一振りと木刀2本が収納できます。拭い紙などメンテナンス用品が収納できる小物用ポケット付きです。

    • 底部分に補強加工有り
    • 小物用ポケット
    • 居合刀二振り または、居合刀一振り+木刀2本、または、居合刀一振り+鍔付き木刀1本を収納可能
    • 内部に居合刀を保護するスナップボタン付きの仕切り有り
    • ちょっとした雨でも安心の耐水性と耐久性を兼ね備えた合皮製
    • 長さ調整の可能なショルダーストラップ(背負紐)付き
    • フロント部分にネームプレートポケット有り

    ネームプレートオプション: オプションにて合皮製ネーム刺繍プレートを製作することが可能です。
    刺繍は、姓のみ、名前のみ、道場名など6文字までお好みでお入れすることが可能です。ただし、文字数が増えるほど、文字の大きさは小さめになります。刺繍についての詳細は、 「刺繍・文字彫りについて」のページをご覧ください。

    ¥11,300

    選択後に価格が切り替わります。

    ?
    選択されたオプションは注文できません。リセットされました。
    ?
    ?
    入力済み文字数と、選択されている「文字数」が一致するかどうかご確認下さい。 "<span class="words"></span>" is (are) considered as one word (each).
    注意:ロゴ刺繍をご希望の場合は、必ずご注文前にショップまでお問い合わせください。事前のご連絡がなくご注文頂いた場合には、自動的に払い戻しされます。

    高級クラリーノ製 居合刀袋

    純日本製

    素材: クラリーノ(人工皮革)

    長さ: 111 cm (~2尺4寸5分) 重量: ~350 g

    ネームプレートオプション: 合皮製ネームプレート刺繍 (6文字まで可能)

    真剣用に最適な高級クラリーノ製居合刀袋です。素材には、ランドセルや靴、手袋など様々な用途で使用されている「クラリーノ」(人工皮革)を使用しています。 「クラリーノ」(人工皮革)は、天然皮革(動物の皮)の構造と性能を、化学の力で再現したもので、マイクロファイバーを3次元的に絡合させた不織布にポリウレタン樹脂を含浸したベースを用いています。そのため、密度の高い天然皮革の構造と非常に似ており、耐久性があります。天然皮革と比べ、軽量で、しなやかであり、水に強いのが特徴です。

    • 耐久性と耐水性を兼ね備えたクラリーノ製(人工皮革)
    • 底部分に補強加工有り
    • 持ち運びに負担のかからない軽量素材
    • 小物用ポケット
    • 長さ調整の可能なショルダーストラップ(背負紐)付き
    • フロント部分にネームプレートポケット有り

    ネームプレートオプション: オプションにて合皮製ネーム刺繍プレートを製作することが可能です。
    刺繍は、姓のみ、名前のみ、道場名など6文字までお好みでお入れすることが可能です。ただし、文字数が増えるほど、文字の大きさは小さめになります。刺繍についての詳細は、 「刺繍・文字彫りについて」のページをご覧ください。



    合計金額:
    買い物かごに追加するには、全てご入力下さい。

    適用加工サービス

    美濃坂製 新刀肥後拵 (重量刀身): ¥102,600
    刃渡り: ¥0
    脇差 刃渡り: ¥0
    樋彫り: ¥0
    刃文: ¥0
    ハバキ & 切羽: ¥0
    : ¥0
    柄の長さ: ¥0
    柄糸: ¥0
    柄鮫 & 柄巻: ¥0
    目貫: ¥0
    鞘塗: ¥0
    鞘 栗形: ¥0
    下緒: ¥0

    アクセサリー

    1 x 西陣織 居合刀袋: ¥6,100
    1 x 合皮製 居合刀袋: ¥3,800
    1 x カノコ織ナイロン製 居合刀袋: ¥4,900
    1 x 合皮製 居合刀袋 (二本用): ¥8,900
    1 x 高級クラリーノ製 居合刀袋: ¥11,300
    受注生産品 | 製作期間: 約前後 | 返品・交換不可
    本日のご注文の場合、以内の発送予定です。
    在庫有り (2営業日以内発送)
    本日のご注文の場合、以内の発送予定です。
    在庫状況 頃の入荷予定